×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偽ノロジー製作


 いきなりイヤなタイトルですね。偽なんて・・・
 ノロジーホットワイヤーという高〜いパーツがあります。
 プラグコードがコンデンサーの働きをして電気をため、火花が強くなるらしいです。
 ホントですか????しかも、4気筒用だと3万円位するみたいです。
 で、全然興味がなかったのですが、どこかのHPで「ホットワイヤーはプラグコードに網線を被せてアースしたもの。」という記事を見かけました。
 自作できると来たらやるしかないですね!

 ってことで作ってみました。

 網線
 熱収縮チューブ
 適当な線


 値段を覚えていないのが痛いです。1000円いったかな?
 網線がどうしても見つからなかったため、秋葉原まで行って来ました^^;
 ウィンカーリレーとヘッドライトディマー用の電子部品を買いに行くという用事のついでですがね。
 人がたくさんいてゴチャゴチャしてましたね〜
 

 写真が全然残っていないのですが、作り方としては
 1.適当な長さに切った網線にアース用の線を半田付けする。
 2.プラグコードに網線を被せ、熱収縮チューブで絶縁する。

 これだけなんで簡単です。

 自分は透明の収縮チューブで覆い、端っこの部分は黒い収縮チューブで隠しました。
 好みの問題でしょうけど、こうすると銀色の網線が見えて綺麗です。

 実物はこんな感じです。


 プラグキャップに巻いてある紙は、何番のプラグにつないであったかメモした物です。間違ってつなぐと高回転まで回らなくなるらしいです。
 収縮チューブはライターであぶってたらちょっと焦げました^^;
 

 取り付けはアース用の線をバッテリーのマイナス極につなぐだけです。


  
 実際に走ってみて、正直なにが変わったのかわかりません。燃費も変化なしです。
 やっぱ偽物じゃダメなんでしょうかね???
 こんなん作るなら、コイルからプラグコードまで新品にした方がすっっっっと効果がありそうです。
 まぁ見た目が良くなったんで大満足ってことで!!!
 実は、外から全然見えないけど><


BANメンテ BANメンテ