×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メーター照明交換

 夜間、どうもメーターが薄暗いと思っていたら、いつの間にかメーターの上側の電球が消えてました。
大した手間じゃなさそうだし、部品代も安そうなのですぐに交換してみました。

 メーターを外す工具(六角レンチやスパナなど)
 メータ電球
 

 BANDITのメーターには全部で4つの電球が使われています。
 今回、2つは切れていなかったのですが、いずれ切れるだろうしメーターを外すのがめんどいので全部交換しました。
 12V、1.7Wのもので、大きさは現物を持っていって買いました。ドラスタで1個168円でした。

 この日は親がデジカメを持っていってしまったため、携帯のカメラでの撮影です。。
 しかも写真が少ない><


 交換手順はまずメーターを外します。
 ヘッドライトを開け、ヘッドライトケースの中のメーターにつながっている青いカプラを外します。
 青カプラ以外にもギボシ端子で線が一本つながっているのでそれも外します。
 
 次に、メーターの土台の部分をよく観察するとメーターはボルト2つとナット2つで固定されていることがわかります。
 狭くて外しにくいですが、それを外してスピードメーターケーブルも外せばメーターを外すことが出来ます。

 メータが外れたら、メーターの土台やメーターカバー裏の六角のボルトを外します。
 そうすると下のように電球を交換できる状態になります。

 
 

 電球はゴムの部品ではまっているので、精密ドライバーなどで引っぱり出しましょう。くれぐれも線を引っ張らないように・・・
 さすがに製造されてから10年も経っているせいか、ゴムがちぎれました><
 慎重にやりましょう!



 電球が出てきたら後は交換するだけです。
 電球はかなり小さいです。
 右の写真は新品と古いやつの比較で、古いやつはガラスの内側が黒くなっています。



 交換後は全部点灯するようになったため、かなり明るくなりました。
 

 

BANメンテ   BANメンテ