×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

津久井でメンテ大会!!!
2003.09.30

 ツーリングではないのですが、友達の家でメンテナンス大会です!!!
 みんなでバイクいじりは楽しいですね〜〜^^


スーフォアはカウル塗装 XJRはノロジーホットワイヤー取り付け



BANDITにはブーリーザーホースとオイルキャッチタンクを装着です。ちなみにタンクは自作品です(ただのタッパーと配管部品^^;)

 ブリーザーホースはエンジン内の圧力を逃がしてやる効果があるらしいのですが、果たして意味があるのか。純正のブリーザーホースもありますしね(エアクリーナーボックスにつながっている)
 まあ単なる飾りです。
 オイルキャッチタンクは意味があって、バンディトの場合、エアクリーナーが汚れにくくなるらしいです。
 バンディットの場合というのは、このバイクは純正ブリーザーの働きが悪く(正確にはブローパイガスからオイルを分離する働き)、エアクリーナーボックスに油をたくさん含んだブローパイガスが流れ込んでしまうからです。
 このガスをキャッチタンクに導いてやれば、少しはガスが冷えてオイルを分離できるというわけです。


 一番大変だったのはZZRでした。
 プラグを交換するだけのハズが・・・・


 プラグを交換するためにタンクを外そうとしたところ・・・なんとシートカウルも外さなきゃいけなかったのです。
 外装全部外さなきゃいけないなんて恐ろしいですね^^;
 しかも、交換し終わってエンジンかけてみると、高回転まで回らずにエンジンが止まってしまう・・・
 結局彼の家までサービスマニュアルを取りに帰って、ガソリンのホースがつながっている場所がおかしいということになり、無事解決しました。

BANメンテ   BANメンテ