×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事故修理&メーター照明LED化(1)

 2006年11月17日深夜.
ちょっとスピードが出てて,真っ暗で砂利の浮いた道.
ヤバイ!と思ったときには時すでに遅し.
そのままタイヤがロックしたまま滑り,最後にバイクが倒れながら滑ってコンクリートブロックに激突.
自分はそのまま進行方向に投げ出され,バイクはヘッドライトがぺちゃんこに><
カウルも割れてホントにショック><

事故からだいぶ経ってしまったのですが,事故のついでにメーター照明をLED化したので,事故の修理とLED化のレポートです.


まずは,ぶつかったコンクリートブロック.


ヘッドライトの後が白く付いています.
高さは50cmくらいでしょうか.これさえなければ,被害も軽くて済んだのに...
ってか,自分がぶつかっていたらやばかった><
自分は奥の空き地に投げ出され,背中と首が少し痛い程度で済みました.
バイクの方は,起こして確認してみると,ヘッドライト周りが大変なことになっていますが,エンジンは普通にかかりました.
ヘッドライトは潰れて点灯せず,ウィンカーは左だけポジションランプが点灯し,あと何故かニュートラルの時にだけ点灯するように設計したヘッドライトのポジションランプも点灯してました.
対向車からもどうにか確認できるということで,そのまま自走して帰りました.

そして次の日・・・細かいところの確認.

見事に潰れてます^^;
事故直後に手放し運転でも真っ直ぐ走ったので,被害はライト,メーター,ウィンカー,ハンドル曲がりだけのようです.

メーターはぶつかった瞬間から止まっています.


直前のブレーキでだいぶスピードが落ちていたみたいですね.

この日は,壊れた部品を外して終了.


カウルの隙間に押し込めていた,オートディマーやらメーターやらなんやらのハーネスがごちゃごちゃと...
汚いし,収納する場所が無いので,この後撤去しました.

気に入っていたカウルもこんな姿に><



ここからは修理へ!
ハンドルは見た目で曲がっているのがわかるのですが,何故か乗っていて違和感がないため,交換しません(笑
ウィンカーとヘッドライト,メーターをヤフオクで落札.
なんと,メーターは800円でした(笑
まあ,安い分だけ汚かったですが^^;;

メーターは,shunさんのページを見ながらばらしました.
バラすついでに走行距離の変更(前のメーターの引継),メーター照明のLED化,メーター針の塗装をしました.

肝心のばらし方は,まず下の写真のメーターリングのカシメている部分をマイナスドライバーで起こします.


こんな感じで↓起こすと,メーターの中身が現れます.


写真はかなり荒っぽい起こし方で,これだと「破壊」です(笑
壊れたメーターを練習台に使いました.

こうして現れた文字盤の表面にあるネジを外すと,距離計が出てきます.


もう少しネジを外していくと,こんな感じでバラバラに.


距離計は練習用メーターで頑張ってみたところ,少しの距離なら手で回して進めそうです.
しかし,何千q単位になるとかなりめんどくさいってか現実的ではありません.
しょうがないので,力ずくで進めました^^;
バキバキなってましたが,どうにか壊れずに済みました(笑
うまい進め方はあるんでしょうかねぇ?


距離を変えた後は,組み立て.
ヤフオクで落としたメーターは汚いので,壊れたのと2コ1にしてなるべく綺麗にすることにしました.

そして,メーターの照明なのですが,初期型バンディットのメーター照明は,メーター内部で光を反射させて間接照明みたいな感じになってます.
というわけで,なるべく光が反射するようにします.

左が普通のメーターケース,右が頑張って?アルミホイルを貼った物です.

少しは明るくなるでしょうか?^^;

続いて,メーターリングの裏に入っているアルミの部品も塗装を剥がして光を反射するようにします.

次は,LEDの準備です.
と,ここでページが長くなってしまったので,今回は2ページ構成で.

 →次のページへ

BANメンテ BANメンテ